SEMINAR

開催情報一覧

  • HOME
  • 開催情報一覧

セミナー種別で絞り込む

※人事プロデューサークラブの新型コロナウイルスに関する感染防止策についてはこちらをご覧ください。

  • 人事の学校
    料金
    会員:52,800円(税込)
    一般:66,000円(税込)

    人事の学校® 基礎講座オンデマンド 受講パック

    ■ 通年開講

    人事プロデューサーを目指す方の基礎の学びとして、
    フォー・ノーツ株式会社の人事の学校®を推奨しています。


    人事担当者として知っておいて欲しいこと、持っていて欲しい視点・視野を身に着け、各領域の基礎知識をしっかりと学び、業務間の繋がりを理解することで、戦略的な人事業務を行う力が備わります。
    全12講座の構成で、多領域に渡る人事業務を体系的に学ぶことができます。

    1年間・全12回のオンデマンド講座を、いつでも・何度でも
    ご受講いただけます。
    人事プロデューサークラブ会員は、利用料の初年度・割引特典が
    受けられます。


    ベストセラーとなった「評価基準」をはじめ、多数の人事書籍を出版している フォー・ノーツ株式会社 西尾 太 氏 による「人事の学校® 基礎講座」は、これまで3,000名以上の人事担当者がご受講されています。
    経験豊富な人事プロフェショナルが、具体的な事例を交えてお伝えします。実務に応用できる資料も多数使用しており、非常に実践的な内容となっています。

  • 事例研究会
    11/28(月)17:00-18:30
    料金
    会員:無料
    一般:8,800円(税込)

    事例研究会 プレミアアンチエイジングの急成長期の人事部門の立ち上げと取り組みについて

    様々な課題を乗り越え、さらに進化する “ 超急成長 ” 企業の人事部ストーリー

    ■発表者

    プレミアアンチエイジング株式会社
    コーポレート本部 人事総務部 部長
    星野 真幸(ほしの まさゆき)氏

    ■星野氏より

    入社時点(2021.10)の直近3年で売上高6倍超(50億⇒320億)、
    社員数約8倍(20人⇒160人)と急成長している状況において、
    様々な課題、その中でも人事領域における課題としてどのようなことがあったのか。

    また、人事部門の体制構築とプレゼンスを発揮するともに、具体的にどのような取り組みを行ってきたのか。

    1年超経過して、どんな成果と課題が見えてきたのか。具体的事例をご紹介させていただきます。

  • 専門講座
    12/02(金)17:00-18:30
    料金
    会員:無料
    一般:8800円(税込)

    専門講座 「特定技能」制度の基礎と活用方法

    中小企業の大きな課題である人材不足を解消するために、
    これから大きなカギとなるであろう「特定技能外国人の採用」について、基礎知識を身につけておきましょう!


    2019年に新設された「特定技能」制度。

    直後に始まったコロナ禍で、実質的な受け入れはほぼストップしていましたが、ようやく本格的に動きだす見込みです。

    介護や外食など、現在指定されている14業種はもちろんの事、将来的には拡大されていくであろうこの制度は、全ての企業にとって知っておくべき制度です。

    今回は、ミャンマーでの送り出し機関を持つ、株式会社アザミの竹島様をお招きして、制度の概要、受け入れと雇用の手続きやポイントをわかり易く解説いただきます。

  • 事例研究会
    料金
    会員:無料
    ※会員限定

    事例研究会 インナーブランディングとカルチャー醸成を軸とした強い組織つくり【オンデマンド】

    ■ 人事プロデューサークラブ会員限定・視聴可能期間: 2022/6/28(火) ~ 2022/7/26(火)

    組織崩壊の危機を救ったブランド戦略。いかにして成長企業へと発展したのか?

    ■発表者

    株式会社うるる
    取締役 ブランド戦略部管掌 兼 Chief Culture Officer
    小林 伸輔(こばやし しんすけ)氏

    ■小林氏より

    2015年に起こった組織崩壊危機。そこを起点に始まった組織の立て直し。
    キーとなったのは「ブランディング」。

    昨今、IT進化や多くの情報流通などによって、ビジネスモデルは容易に模倣される時代となりました。
    一方、企業ブランドや企業カルチャーの模倣は困難と言われており、
    これらの確立は企業が長期間にわたって生き抜くための秘訣と言われています。

    うるるという企業がどのように組織崩壊の危機に陥り、なぜブランドの重要性に気付いたのか。
    どのようにブランドやカルチャーを武器に成長企業へと発展したのか。
    社員同士の近接性が薄くなるリモートワークにおいてどのようにカルチャー醸成を推進しているのか。

    実例を交えてお話いたします。

    ※ 本コンテンツは、人事プロデューサークラブ会員のみがお申し込みいただけます。
    ※ 本コンテンツは、2022年10月20日にオンライン開催した事例研究会をオンデマンド化したものです。

  • イベント・その他セミナー
    12/12(月)19:00-21:00
    料金
    会員:5,000円(税込)
    一般:5,000円(税込)

    人事プロデューサークラブ 忘年会・2022

    コロナ禍でリアル開催ができませんでしたが、今年忘年会を開催いたします!

    久しぶりにお顔を合わせての情報共有やざっくばらんな意見交換をお楽しみいただけたらと思います。

    ※ 今回は、感染症拡大防止の観点から、少人数での開催とさせていただき、受付時のご体調確認のほか、着席でのお食事・ご歓談をお願いいたします。

    人事担当者仲間同士で、ホッと息抜きできるような、楽しく有意義な会にしたいと思います。
    ご参加をお待ちしております。

  • 専門講座
    01/25(水)17:00-18:00
    料金
    会員:無料
    一般:8800円(税込)

    専門講座「~ 雇用率から雇用の質の時代へ ~ 企業に求められる障害者雇用について」(オンライン)

    障害者雇用の現状と今後の動きを解説し、より良い障害者雇用のヒントをお伝えします。

    障害者雇用について、2023年には法定雇用率の見直しが行われる可能性が高く、現状の2.3%から2.5~2.6%にアップされると言われています。

    そのような中、第210回国会(会期2022年10月から12月)に、『障害者雇用促進法の一部を改正する法律案』が提出されました。
    従来は、雇用の算定に入らなかった短時間勤務(週所定労働時間10時間以上20時間未満)の方が算定できるようになる見込みです。

    また、企業側には、雇用の質の向上を推進する取り組みが求められる改正となっており、法定雇用率だけなく、雇用の中身を問われる時代に入ってきています。

    本講座では、雇用促進法の改正内容について解説をするとともに、企業、当事者の両者にとってよりよい障害者雇用とは何か?を考えるきっかけとなる内容をお話しさせていただきます。


    ■ 講師
    株式会社スタートライン
    CBSヒューマンサポート研究所
    小倉 玄 氏

    東京都出身。博士(医学)、公認心理師。
    1994年東京都立大学工学部卒業後、アロカ株式会社(富士フィルムヘルスケアシステムズ株式会社に統合)にて医療機器の開発に携わる。
    障がいがある長女の出生をきっかけに株式会社スタートラインに入社。
    サテライトオフィスサービス事業にて、企業に就労している障がい者のサポート業務に従事。
    その後、CBS*ヒューマンサポート研究所にて、職業リハビリテーションのための新たなツール開発や支援技術の開発業務、社員の専門技術研修、企業向けの研修などに携わる。
    専門分野は応用行動分析学、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)を用いた職業リハビリテーション。

    ■株式会社スタートライン 企業プロフィール
    https://start-line.jp/

    「自分をおもいやり、人をおもいやり、その先をおもいやる。」の企業理念のもと、2009年創業以来、障害者雇用支援の領域において障害者の「採用」と「定着」に重きを置き、サテライトオフィスサービスを運営。
    障害者雇 用に関する総合コンサルティングを軸に、2016年2月に障害者向け就職サイト「MyMylink」、2017年8月に屋内 農園型障害者雇用支援サービス「IBUKI」、2018年10月に三菱地所グループと協業の「インクルMARUNOUC HI」、同年11月に「企業向けカスタマイズ研修」など、サービスメニューを拡充しています。現在約200社の企業 様と、約1,200名の障害者のサポートを日々実施しています。
    社内に2013年からCBSヒューマンサポート研究所という専門機関を設け、ABA(応用行動分析)と第三世代 の認知行動療法に基づいた心や認知の問題に対する効果的で専門的な支援技法を研究・開発しています。